当日に向けてバタバタしない為に引越し準備をしよう

作業員

転居の業者選びの基礎知識

親子

家族での引越しは繁忙期を避けると、業者の料金が安くなります。また他の業者の料金を引き合いに値引き交渉をすると、安くしてもらえる可能性が高いです。いろいろなオプションサービスを提供する業者が人気なのは、特殊な荷物を運んだり、入退去時の掃除、各種手続きをしてくれるなど、便利なものが多いからです。

詳細へ

業者選びのポイント

カップル

引越し料金は業者によって違うので、複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。ネットの一括見積もり依頼サービスを利用すると、簡単に複数の業者に依頼できます。また、料金だけでなく内訳の確認も忘れてはいけません。

詳細へ

プロにお任せする場合

トラック

引越を行う時に、単身の場合には費用が安い単身パックを使うことが多いものですが、名称は同じようなものであっても各社その内容は違ってきます。自分の荷物量や引越先の場所によって適したものを選ぶ必要があります。

詳細へ

見積りを出してもらう

ダンボール

日程が決まっていない

転居することになり、東京に引越しをすることになったら引越し業者を手配することになります。しかし、東京に引越しをすることだけは決まっているが、具体的な日時がまだ決定していない、そういった場合でも見積もりをすることができます。地域や住所さえ分かれば、概算ですが見積りを作成してもらうことができます。後日詳しい日時が分かれば、連絡することで正確な見積もりを出してもらうことができます。契約後に、やっぱりキャンセルとなることもあります。もし、キャンセルしなければならなくなったら早めに連絡が必要です。業者によってですが引越し代金に対して数十パーセント支払わなければならなくなります。当日の場合はキャンセル料が高くなるので注意が必要です。

追加料金が発生する

よく聞くのが、東京の引越しで追加料金が発生してしまうケースです。見積もりで聞いていた料金よりも実際に東京都内の引越しで当日料金支払いの際に多かったということがあります。なぜ、このようなことが起きてしまうのかというと、転居先でエアコンの設置をお願いした、不用品の処分を当日急にお願いした、見積りの時と荷物の量が大幅に違う、道幅が狭くて遠くにトラックを停めて作業しなければならないといったケースです。これは、電話やネットだけで見積もりをお願いしてしまうと、発生してしまうことがあるのです。これを解消するには訪問見積もりに来てもらうことです。正確な荷物の量が把握でき、現場視察もしますので適正な料金となるのです。