プロにお任せする場合|当日に向けてバタバタしない為に引越し準備をしよう

当日に向けてバタバタしない為に引越し準備をしよう

作業者

プロにお任せする場合

トラック

荷物量をチェック

仕事や学校などの都合で単身での引越を行う場合、引越先が近くで車を所有しているような場合には自分で行った方が早いというケースもありますが、女性や高齢で一人での引っ越しは難しい、遠距離へ引越しなければいけないという場合に利用するのはやはり価格が安い単身用の引越パックなどです。各社も「一人分の家電や家具、衣類など」を想定した荷物量になっているため、以前は二人で住んでいたから二人分の荷物があるけれど、単身パックが安いから利用したいという場合や、単身での引越だけれど一般的な人よりも荷物が多いという場合には単身パックでは荷物が治まりきらないケースもありますので、まずは自分の荷物量と単身パックで設定されている荷物量を良く考えてみましょう。

会社による違い

単身の引越パックと言っても各社違いがあります。一定量以内という条件で料金が決まっているタイプの場合、自分で「この量ならば入る」という量を判断しなければいけません。軽く考えて「このくらいなら大丈夫だろう」と判断してしまうと、場合によっては入りきらなくなってしまうケースもあります。もう1つのタイプが距離と時間によって決まるタイプです。距離が遠く荷物が多ければ移動や積み下ろしの時間がかかるので費用が高くなります。もう1つのタイプは引越業者が見積りを出すタイプです。通常の引越のような流れになりますが、家全体ではなく1人だけの引越というだけの違いです。見積りをとるまで料金がわかりにくいですが一番安くなる可能性がある方法です。自分の引越先への距離や荷物の量に合わせて選択しなければいけません。